Last update 2012/11/17
【完成】 ≪サンクス≫旭市江ヶ崎 S様邸
きっかけは……
各社ショールーム等を見学した後、完成見学会のチラシを見てご夫婦でご来場されました。Eco-i工法と太陽光発電に関心が深く、3月のお子様出産後、再度展示場等の見学をしていただき、ご希望のプランをアレンジさせていただいてからご契約となりました。
  • (1). 地盤調査
  • update 2012/05/11
  • スウェーデンサウンディング試験を5地点+スクリュードライバーサウンディング試験を1地点、調査を行いました。
  • (2). 地鎮祭
  • update 2012/06/09
  • あいにくの天候となってしまいましたが、テントを張って行いました。安全に工事が進みますように…ご家族皆様がこの地で健やかにお過ごしになりますように…とお施主様、工事関係者で祈願します。
  • (3). 遣り方
  • update 2012/06/18
  • 建物周りを板で囲って、敷地に建物の実際の位置を出す作業を行います。
  • (4). 根切り
  • update 2012/06/18
  • 基礎をつくるために地盤を掘削していき、掘削が終わったら地盤を締め固めます。
  • (5). 捨てコン
  • update 2012/06/19
  • 砕石を敷き、転圧機を使って平らにしていきます。外周部は深い基礎にして強度をアップしています。
  • (6). 配筋
  • update 2012/06/21
  • 防湿シートで覆った上に、直径13㎜の鉄筋を20㎝間隔で設置します。
  • (7). 配筋検査
  • update 2012/06/25
  • 鉄筋が組み終わったところで、配筋検査を行います。
  • (8). ベースコンクリート打設
  • update 2012/06/26
  • 厚さ15㎝になるようにコンクリートを流し込み、こてで綺麗に仕上げます。
  • (9). 基礎立ち上がり部打設
  • update 2012/06/29
  • 立ち上がりの内周部を基礎内断熱材で囲みます。これにより床下も居室と同じ環境になり、床下空間を有効活用することができるのです。
  • (10). 基礎完成
  • update 2012/07/06
  • 型枠をはずしコンクリートの強度がでた頃、上棟になります。
  • (11). 土台敷き
  • update 2012/07/07
  • 土台外周部はイシンホーム自慢の豪州桧。シロアリを寄せ付けない優れものです。
  • (12). プレカット材搬入
  • update 2012/07/13
  • 上棟前の先行足場をかけ、前日にはプレカット材が搬入されました。
  • (13). 上棟
  • update 2012/07/14
  • 上棟建て方の朝は、お施主様の手によって柱を建てていただくことから始まります。記念の筆入れでは【棟梁さん・監督さん 安全第一☆ ステキな家にして下さい。暑いですが宜しくお願い致します】と温かいメッセージをいただきました。これを励みに暑い夏も乗り切れそうです。
  • (14). 屋根下地
  • update 2012/07/17
  • 屋根下地合板の上にアスファルトルーフィングを張り、雨水が屋内に浸入するのを防ぎます。
  • (15). 構造用金物
  • update 2012/07/23
  • さまざまな構造用金物でその部分を補強し、より強い基本構造になっています。
  • (16). 遮熱シート
  • update 2012/07/25
  • 壁倍率2.9倍の強度がある耐力壁(ノボパン)で覆い、その上に冬暖かく、夏涼しいアルミ素材の遮熱シート(タイベックシルバー)で家全体を包み込みます。
  • (17). バルコニー防水工事
  • update 2012/07/28
  • バルコニーに下地材を入れていき、その上にFRP防水を施工します。アイカ工業の材料を使用し、大同ポリマーが施工。10年間の保証付きで安心です。
  • (18). 太陽光発電システム搭載
  • update 2012/08/01
  • 太陽光パネルを搭載する部分の屋根材は、ガルバリウム鋼鈑です。SIソーラー 25枚 4.875Kw
  • (19). 胴縁
  • update 2012/08/03
  • 外壁と壁の間を、空気が通るように通気胴縁を取り付け、その上に外壁サイディングを張っていきます。
  • (20). 瓦葺き
  • update 2012/08/06
  • 南側屋根の一部と北側屋根に平板瓦を施工しています。
  • (21). 軸組み
  • update 2012/08/10
  • 柱だけだったところに間柱や筋交いを入れ、外部には耐力壁を張っていきます。
  • (22). ユニット下地
  • update 2012/08/17
  • ユニットバスを設置する場所です。断熱材を敷き、隙間を現場発泡ウレタンで埋めます。天井には12.5㎜厚の強化石膏ボードを設置。
  • (23). 遮熱シート
  • update 2012/08/20
  • 小屋裏へも遮熱シートを張ることで、暑さ対策に効果があります。
  • (24). 2階床下地
  • update 2012/08/22
  • 2階の床下地に、12.5㎜厚のプラスターボードを敷くことにより、2階からの音の伝わりを和らげます。
  • (25). 断熱材
  • update 2012/08/22
  • 壁及び天井への断熱材は、105㎜厚の高性能グラスウールを丁寧に隙間なく敷き詰めます。
  • (26). Eco-i換気
  • update 2012/08/24
  • アレルノンフィルターで99%以上空気をろ過して、熱交換器(左の写真:設置前)に送り込まれます。そこでお部屋から排出される空気と70%の熱交換を行います。例えば室外が0℃で室内が20℃だった場合、吸い込まれた0℃の外気が熱交換器で14℃まで温められて床下に排出されるといったしくみです。
  • (27). 遮音シート
  • update 2012/08/28
  • 2階主寝室のクローゼットと、洋室との間に遮音シートを貼りました。
  • (28). 足場撤去
  • update 2012/09/06
  • 外周にあった足場が解体され、建物の全貌が現れました。
  • (29). 壁ボード
  • update 2012/09/14
  • クロス下地のプラスターボードを張ることにより、部屋の形や大きさがはっきりしてきます。
  • (30). 電気配線
  • update 2012/09/21
  • 電気の配線や、24時間熱交換換気システムのアルミダクトは天井の壁に隠れてしまいますが、綺麗に正確に配列をしていきます。
  • (31). 省令準耐火構造
  • update 2012/09/28
  • 火災保険料が約半額になる省令準耐火構造の仕様の一つとして、1階天井には12.5㎜厚の強化石膏ボードを設置しています。省令準耐火構造の住宅の特徴は、「外部からの延焼防止」、「各室防火」、「他室への延焼遅延」が挙げられます。
  • (32). パテ処理
  • update 2012/10/12
  • クロスを貼る前、下地ボードの継ぎ目やビス留めの凹凸を無くすためパテを塗り、何回も削って壁面を平らにしていきます。
  • (33). 犬走り
  • update 2012/10/17
  • 犬走りと勝手口の上がり台を施工しています。
  • (34). 外構工事
  • update 2012/10/22
  • 来月の完成見学会に間に合うように、外構工事が始まりました。
  • (35). お引き渡し
  • update 2012/11/17
  • お引き渡しの日を迎えました。新しいお家を、これからますますお施主様のカラーに染めていってください。ご家族皆様の末永いお幸せをお祈り致します。