HOME > ピックアップ > 高気密高断熱

高気密高断熱

2020-03-10

 

こんにちは

WABISABIの家(新展示場)ですが、着々と施工が進み

家の暖かさを重視する断熱材も入りました。

みなさんは、こんな白いモコモコ見たことありますか?

これは吹付け断熱フォームと言って

家中の隙間を埋めてくれる断熱材です。

職人さんが丁寧に吹き付けてくれています。

この作業を行うことでie暖かい家になっていきます。

 

 

それでは暖かい家とはどんな家なのか。

みなさんは、高気密高断熱の家って聞いたことありますか?

 

 

そもそも高気密高断熱の家とは

精度の高い建築部材や、防湿シート、断熱材、気密テープなどを使って

できるだけの家の隙間をつくらないように建てています。

そして外壁と内壁の間に断熱材を入れたり、断熱性の高い窓を採用して

断熱性能を高めて外の空気に影響を受けにくく施工した家のことです。

 

 

 

 

1.外の寒さや暑さの影響をうけにくく効率よく暖めたり冷やすことができ省エネにつながる。

 

 

2.暖かいことでヒートショックなど体への負担も軽減され

安心して住むことができる。

 

 

3.換気を効率よく行い空気をできる嫌な臭いを発生させない。

 

 

弊社でも高気密高断熱の暮らしやすい家ができるように

制度の高い建築部材を使うことはもちろん

施工の技術でもより丁寧に確実な施工をしています。

それでは、

弊社で施工したお客様の機密測定の結果を一部ご紹介させていただきます。

 

 

ご紹介の前にそもそも機密測定って何?と思った方にご説明させて下さい。

※機密測定とは住宅の隙間の大きさを知ることができる検査のことです。

この隙間の面積はC値という値で示され、この数値が低いほど機密住宅といわれています。

 

それでは本題に戻ります。

まず、弊社で行った機密測定のお家のご紹介

 

1階延床面積 62.38㎡

2階延床面積 61.27㎡

延床面積   123.65㎡

 

弊社の結果はC値(相当隙間面積)=0.49㎠/㎡

 

理想は0.5以下ですので

 

簡単に言えばとても暖かいということです。

 

 

こちらが実際に機密測定の機械を導入し検査しているところです。

 

 

これだけで良い家とは一概に言えませんが、良い家の一つの魅力として

考えていただければと思います。

 

 

無駄のない部屋数と暮らしやすい導線

年をとっても変わらない住み心地になるように

WABI+SABIの平家を設計しました

弊社の”想い”が”形”となるWABI+SABIの平家を

是非楽しみにしていてください

0120-550-530
Tel.0479-55-2045 / Fax.0479-55-2800
受付時間 AM 9:00 ~ PM 5:00

 資料請求

 イベント情報

Copyright SUZUKI KENSETSU. All Rights Reserved.